滅びの燐光
■リクアフェイズ 滅びの燐光■
燐光を湛える闇現れし時、全てのものは無に帰する。「滅び」と呼ばれる災厄にみまわれるウィトアーベンの地では謎の失踪事件も相次いでいた。事件を追う記者の男イポリトは、聞き込みに訪れた辺境で「滅び」に遭遇してしまう。
ミステリーのようでそうでもないちょっとだけミステリー風味のファンタジー、週一更新予定。(4月まで身動きできず…すみません)

【序 章】 闇夜
【第一章】 奇妙な噂 (途中まで)




遠い日の歌
■リクアフェイズ 遠い日の歌■
光と闇の力の封印された島、リクアフェイズ。伝承に謳われる島の鍵を手に入れたのは、わずか12歳の少女カッツェだった。
十数年前にメモだけ公開してほぼ脳内で終わってたライトファンタジー、完結のためリライト中。